薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

薬剤師のパートやアルバイトの募集/薬剤師求人サイトを徹底比較しました

さまざまな勤務形態がある

薬剤師といっても、さまざまな勤務形態があります。
正社員や派遣社員やアルバイトやパートなどさまざまですので、自身がどの勤務形態にあうのか確認をしてみましょう。
正社員やパートで仕事内容はほとんど変わりませんが、働く時間に差が出るのも特徴の1つです。

 

労働時間を短く出来る

正社員ですと週に5日や6日、40時間以上働くケースも多いです。
しかし小さいお子さんがいるので働く時間が限られてしまう場合など、フルタイムで働くことが出来ないこともあるでしょう。
パートであれば、こちらから働く時間や曜日の指定をして働くことも出来ます。
月曜日から金曜日の午前中など、幼稚園から帰ってくるまで、小学校から帰ってくるまでと労働時間を短くしても問題ありません。

 

ブランクがある方にもおすすめ

パートですと労働時間を短く出来ますので、ブランクがある方にもおすすめです。
数年、数十年働いておらず急に働くのは不安があると考えるのではないでしょうか。
そこでまずは短時間働いて、徐々に体を慣らしていくことも出来ます。
はじめは3時間や4時間などの少しの時間働いて、慣れてきたら7時間や8時間と増やしても良いでしょう。
もしくは週5日働くのではなくて、週2日や3日からはじめることも可能です。
自身のペースで働くことが出来る方法でもあります。

 

別に仕事を持っている場合

その他には別に仕事を持っている方にもおすすめです。
例えば実家の仕事を手伝っており、平日は働くことが出来ない。
土日祝日は手が開いているので、副業として働きたいと考える場合もあるでしょう。
パートやアルバイトであれば、平日働きたいと指定をするだけではなくて、逆に土日祝日に働きたいと指定をすることも出来ます。
もちろん午前のみ、午後のみと希望も出せるのですき間時間を有効活用する方法にもなります。
ドラッグストアなど毎日営業しているところも多いですので、さまざまな時間で薬剤師求人の募集がされています。
日中だけではなく、夜間の募集がされていますので上手に探してみましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ