薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

雇用形態に着目した薬剤師求人選びで自分に合った働き方を実現/薬剤師求人サイトを徹底比較しました

雇用形態はよく選ぼう

薬剤師として就職したものの、雇用形態が自身の生活スタイルに合わず、働きにくさを感じてしまう方は少なくありません。
後悔することがないように、求人を探す時点でどんな雇用形態で働くかをよく考えて、自分に合った雇用形態の薬剤師求人を選ぶことが大切です。

 

正社員として働く

薬剤師の雇用形態の中で最も一般的なものとしては、正社員が挙げられます。
正社員のメリットは、雇用が安定していて充実した福利厚生があり、スキルを磨くための研修制度もしっかりしていることなどです。
ただ、好待遇である分だけ責任も付随してくるので、高度な業務を頼まれたり転勤や残業を頼まれたりする場合もあります。
そういった責任を負うことをやりがいがあると捉えられるような方に向いている雇用形態です。

 

パート・アルバイトで働く

正社員に次いで一般的な雇用形態は、パート・アルバイトです。
正社員のような雇用の安定や福利厚生などはないものの、自分の好きな曜日・時間・勤務場所を選んで働くことができるのがメリットとして挙げられます。
時給が高めに設定されていて、短時間でそれなりのお金を稼ぐことができるのも魅力です。
ですから、働く際の自由度を重視する方は、パート・アルバイトの薬剤師求人を選ぶのが合っています。

 

その他の雇用形態で働く

その他の雇用形態としては、派遣社員や限定社員などが挙げられます。
派遣社員は、パート・アルバイトに比べて、契約した期間の途中で仕事を辞められないなど多少働く際の自由度が下がりますが、福利厚生や研修制度の恩恵を受けたり、より高時給の給料を得たりしやすいのが魅力です。
限定社員は、勤務条件が一部限定されている社員のことを指します。
多少ボーナスが下がることはあるものの正社員とほぼ同じ待遇を受けられる上、勤務時間や曜日・勤務場所などを固定して働くことができるのがメリットです。
とても魅力的で近年人気が高まっている雇用形態ですが、どの職場でも必ずある雇用形態という訳ではないため、限定社員の薬剤師求人はなかなか自力で見つけるのは難しいです。
ご興味がある方は転職エージェントサービス等を活用して探すのがいいでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ