薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

医薬品医療機器総合機構は就職の穴場/薬剤師求人サイトを徹底比較しました

医薬品医療機器総合機構の門戸は広く開かれている

医薬品医療機器総合機構というものは、病院やクリニックなどで使用される予定の医薬品や医療機器を、実際に販売して良いものかどうか審査を行う機関になります。
このため、医薬品や医療機器に知識のある薬剤師を対象とした求人も多く発生しております。
もちろん転職だけではなく、薬学部を卒業した学生に対しても求人を行っています。
実際に就職する時の門戸は非常に大きくあけられております。

 

何故広く開かれているのか?

一般的の企業とは異なり一年に数回も採用活動しているために、何回もチャンスがございます。
この理由としては、日本の医薬品医療機器の審査にかかる時間が、外国と比較して長くなってしまっているという現象が挙げられます。
この、新しく開発されたお薬が、市場に出回るまでの速度が諸外国よりも遅くなってしまっている、いわゆるドラッグラグという現象を解決するために、医薬品医療機器総合機構は多くの人員を必要としているのです。
にもかかわらず、ここに就職した人たちはその審査に関するノウハウを重宝され、他の製薬メーカーや化粧品、化学メーカーなどへと引き抜かれたり、自ら転職してしまいます。
このために、一般的な企業と比較して、人の入れ替わりが激しいという特徴があります。

 

採用時期に関して

医薬品医療機器総合機構は比較的常に人員不足である傾向があり、一回の採用人数も多く、また一年を通して採用する回数もそれなりに多くなっております。
具体的な採用回数に関しては、その年々の採用状況に応じて変化するとは思いますが、一時期は1年に4回ほど採用を行っていた時期もありました。

 

採用される人材の傾向と対策に関して

このような事情があるため、基本的に優秀な人材であれば特に人数の制限はかけていません。
転職だけではなく、新卒の薬学部の学生であっても、十分に採用される見込みはあります。
このため、その年の採用制度さえ、あらかじめ調べておけば特に焦る必要もありません。
目当ての薬剤師求人の時期にあわせて、計画的に準備をしておくことができるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ