薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

医薬品医療機器総合機構という就職先/薬剤師求人サイトを徹底比較しました

医薬品医療機器総合機構とは?

薬剤師求人を行っている場所として、独立行政法人医薬品医療機器総合機構という選択肢がございます。
この医薬品医療機器総合機構というものは、製薬会社や医療機器メーカーが新たに開発した、医薬品や医療機器の候補に関して審査を行うところです。
具体的な審査を行う点としては、それらが適正に臨床試験の過程を踏んでいたか、臨床試験によって有効性安全性が示されていたか、という点を基準に合わせて確認いたします。
この審査に合格すると、これらの医薬品や医療機器が、実際に現場の医療機関で使用できるということになるのです。

 

薬剤師でも働ける場所

医薬品医療機器総合機構では、転職や就職の際に薬剤師の免許は必要ありません。
しかしもし、転職や就職を考えている場合では、薬剤師としての知識は大いに役に立つだろうと思います。
といいますのも、実際に医療現場で使用するための添付文書や、インタビューフォームの元となる情報をこの医薬品医療機器総合機構では取り扱うからです。
特に、病院の薬剤質に勤めている、医薬品情報を専門に扱うような薬剤師にとっては就職が有利である可能性があるのです。

 

薬事法に対応できるかどうか

法律にのっとって医薬品や医療機器の審査を行う場所ですので、薬事法に強いと役に立つ機会が多くなるでしょう。
そういう観点では、これまでに薬事法などを勉強した、薬学部の学生の就職にも、有利であると考えられます。
もしくは薬事関係の法務関係の仕事についていた方は優遇される傾向にあります。

 

外勤と内勤に関して

業務内容自体は、製薬会社などが作成した書類の審査業務が主となりますので、ほとんどが内勤業務になります。
ただし、クリニックや医療機関で臨床試験が適切に行われているかを調査する場合もありますので、部署と場合によっては外勤業務が発生することもあります。
しかし、全体の仕事量から考えると稀に発生するというレベルですので、それほど外勤業務の割合が多いというわけではありません。
ほかの一般企業とは異なり、突発的に外勤業務が発生するわけではありませんので、計画的にでしたら外勤業務にも対応できる、しかし内勤業務が主体である職場の方が良いという方にとってはオススメな職場であると思います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ