薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

転職時に損しないために福利厚生でこれだけは覚えておきたい事

転職時に損しないために福利厚生でこれだけは覚えておきたい事

自分のライフプランというものを考えたことはありますか?
新卒で薬剤師と言っても、学校を卒業するときにはすでに24歳になっているはずですよね。
そこから考えるとすでに大学卒の22歳と2年も差がついています。
薬剤師の資格を得るのに必要な期間ではありますが、ライフプランを考えた際には重要なことでもあります。
転職の際の福利厚生について考えてみましょう。

 

子育て、出産など
女性の薬剤師の場合、福利厚生はしっかりした会社を企業を選ぶことが大切です。
せっかく薬剤師として活躍しているのに、育児休暇がなかったり、時短勤務がなかったりすると、その後、結婚や出産などのイベントごとで苦労する可能性があります。
出産後もキャリアを途切れなく働き続けたいのであれば、産前休暇や産後休暇、育児休暇が充実しており、保育園などが提携されていると女性としては安心して働き続けることが可能となります。
調剤薬局、医療機関、ドラッグストアなど、全国展開しているドラッグストアでなら復職は簡単ですし、育児休暇も揃っているでしょう。
しかし自分が最も大切にしたい福利厚生が整っているかどうかを調べることは大切です。
実際育児休暇があっても取りにくい職場環境だったりすると、なかなかうまくことが運びません。
そのため、再び退職するハメになりますから、育児休暇を取った例が何件あるか、など、具体的な数字にこだわりましょう。

 

 

女性に大きく関与している福利厚生
女性に大きく関与していると思われる福利厚生の中で、やはり出産や育児に関するものが多いでしょう。
しかし、企業側や医療機関側も長く働いてもらいたいからこそ、最近では福利厚生を整えつつあり、その制度の取得回数などを公開し、実際使えるものだということを求人側に分かってもらおうとする姿勢を取っています。
社会保険などはもちろんのこと、児童手当や労災保険を全額保証する会社もあります。
有給休暇も会社が独自に休みである日を決めるところもあり、福利厚生と言っても様々なケースがあるようですね。
医師や薬剤師、ナースなど人手不足のところは主に、福利厚生を充実させて、人手不足にならないよう、求人案件を出さないようつとめているのでまだ一般企業に比べると安心して働きやすい環境であると言えます。
福利厚生の種類としては通勤手当、住宅手当、資格取得のための受験費用や講座費用、研修のサポートや自賠責保険の加入などがあります。
また一定年数継続して勤務した人にはリフレッシュ休暇などが与えられる職場もあります。

 

色々な福利厚生がありますが、あなたが最も重視する福利厚生が揃っていなければ意味がありませんから、色々福利厚生が整っていると思っていても、実際活用するものがなければ意味がありません。
さらに育児休暇などは取得例があるかないかでも大きな差があり、実際職場についてみて初めて取りにくいものになっているとなれば、話は違ってきますから、コンサルタントと連絡を取り、状況を詳しく教えてもらうのも良いでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ