薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

「転職しよう!」と思った後の円満退職の秘訣

「転職しよう!」と思った後の円満退職の秘訣

薬剤師が転職する場合、働きながら求人サイトなどを使って転職するケースと、一旦退職してから休職期間を設け、転職するケースがあります。
働きながら転職する場合は、スムーズに辞表を出して退職することがベストですが、波風立てずに円満退職するには一定のコツのようなものがあります。
いきなり辞めます、ではなく、退職理由をしっかり伝えることが大切なんですね。

 

退職理由と退職時期を考えよう
退職理由はどこそこへ転職が決まったから、と正直に伝えなくてもかまいません。
個人的な事情による退職や、やめざるを得ない理由、というような伝え方をすべきでしょう。
まずは、直属の上司に相談という形でもちかけて、退職する意向を伝えていくのが安心ですね。
また退職する時期も考えておきましょう。
自分がやめることによってその職場は人手不足となりますから、退職する時期は多忙な時期を避け、人手不足になる時期を避けることがベターです。
またやめる時期は2ヶ月前には伝えておいたほうが良いですね。
現在の職場では求人募集をしなければなりませんし、手続きには色々な時間がかかるものですから、退職希望日より2ヶ月前に上司や会社に退職する旨を伝えておくことは円満退職の秘訣となります。

 

 

引継ぎや返却物などしっかりチェックする
また退職届を提出してからは引継ぎを行うことになります。
この引継ぎをしっかりしておかなければ後々大変なことになりますから、しっかり引き継いでおきましょう。
細かく作業を指示することも大切ですし、自分がこれまで当たり前に行っていた業務であっても、その人にとっては新鮮なことで、新しいことかもしれませんから、イチから教えるように徹底します。
また退職に関して返却すべきものは返却しておきます。
名刺やIDカードなど職場の経費で購入したものは全て会社のものとなりますから、返却対象となります。
勤務が長ければ長い分だけ退職する際の生理整頓は大変になりますから、2ヶ月前から退職の旨を伝えているのであれば、2ヶ月前から徐々に自分の荷物と会社の荷物を分けておくことが必要となります。
また転職の場合、退職する際に受け取る書類もありますし、失業保険を受ける際には必要な書類がありますから、それもしっかり受け取る必要があります。
さらに転職先に提出するべき書類として年金手帳などがありますから、それも忘れずに返してもらうようにしましょう。

 

このように転職する手続きは思っている以上に大変なことが多いです。
何より生理整頓、色々な書類などがからんできますから、先に引継ぎをしっかりしておきましょう。
自分が退職する前に、後任に作業を任せて、それをチェックする余裕があったほうが良いですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ