薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

薬剤師として働く「やりがい」にはどんな内容が多い?

薬剤師として働く「やりがい」にはどんな内容が多い?

薬剤師として免許を得て、ようやく薬剤師になれたと思ったら、今度は職場選びが始まります。
職場によって薬剤師のやりがいも変わってきますが、いずれのケースにおいても患者さんの命を救うというやりがいは達せられるでしょう。

 

病院薬剤師のケース
病棟勤務になると患者さんから多くの情報をもらうことになります。
じっくり服薬指導ができるのが医療チームとしてもやりがいを感じられる瞬間でしょう。
チームの一員として薬剤師の存在感を発揮できる場所でもあります。
また専門職ですから、色々な経験を経て知識以上にノウハウやスキルを磨くことが大切になります。
同じ知識を持っていても10年働いてきた薬剤師と新卒薬剤師のスキルは全く違います。
専門職は時として知識よりスキルがものを言うこともあるのです。
経験によって救われることも多いので、臨床試験などに豊富に携わる機会があるのであれば、セミナーなどに積極的に参加することをオススメします。

 

またチーム医療の中の薬剤師として病院薬剤師は提供した治療方針に活かされた場合、患者の立場に立って処方を変更するということもあります。
もともと決まっていた処方を患者さんとの話し合いで変更することは薬剤師としての力の見せ所なので、薬剤師としてやりがいを感じる瞬間ではないでしょうか。
また患者の生きようという姿勢や前向きな姿勢を見ることによってやりがいを感じる薬剤師も多いようですね。

 

 

調剤薬局のケース
調剤薬局の場合、やりがいを求めて別の職場に転職するケースも多いようです。
つまり調剤薬剤師の場合、仕事のやりがいではなくそのような仕事ができているという意味でやりがいはあります。
一般の人から見てもただ処方箋の薬を出すだけの薬剤師は暇なのではないかと思われがちですが、調剤薬局で薬剤師をしてもやりがいはないのだと感じられます。
しかしそれは個人差があり、調剤薬局でも充分やりがいを感じられる人は感じているでしょう。
処方する薬の説明というものがありますから、それを患者さんとコミュニケーションを取って相談することにやりがいを感じるケースもあります。
またドラッグストアではやりがいが最も多様化していると言われています。
給与が良いため、長期休みに旅行に行く!というモチベーションのあげ方もありますし、お客さんに薬以外の相談を受けたりすることもあるため、必要以上にやりがいを感じることができます。
ドラッグストアでは薬品を処方するだけではなく、その他の医薬部外品やダイエット商品などの良し悪しも聞かれることが多いため、豊富な知識も必要となります。
相談されるケースも多く、些細なことでもやりがいを感じやすいと言えるでしょう。
ただ、薬剤師という専門職としてのやりがいというのでは少し違うようですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ