薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

未経験の薬剤師が就職する際に、これだけは知っておきたい基礎知識

未経験の薬剤師が就職する際に、これだけは知っておきたい基礎知識

調剤薬局、病院薬局など、希望する職場は決まりましたか?新卒の薬剤師が職場を選び、仕事を始めるまでに知っておきたい基礎知識というものはあるのでしょうか。
それは一体どんなことなのでしょうか?

 

調剤薬局に就職するまでに知っておきたい
まず調剤の基礎知識、疾患と薬剤について、薬歴管理や法律や調剤報酬などの関連法規については基本的におさらいしておきたいところでしょう。
まず代表的な薬の薬効、服薬指導に関して必要な知識は基本的にはすぐに必要になりますから、おさらいしておいたほうが良いですね。
自分や家族の立場になってみて、どんなことが気になるのか?薬のどこが気になるのか?という点を考えられるまでになれば充分でしょう。
今はジェネリック医薬品も数多く販売されていますから、商品名と一般名を共に覚える必要があります。
薬局によっては置いてある薬が1つだけということもありますから、それにも対応していけることが必要となります。

 

 

派遣で働くには制度があります
多くの薬剤師は正社員で働くと思いますが、派遣で薬剤師として働くという方法も残っています。
その場合、3年たったら正規雇用してもらえるという法律ができました。
ポジティブに考えると派遣で働いていて、いつ切られるかドキドキだったのが、正規雇用を視野に入れてもらえるという高待遇が待っているのです。
しかしネガティブに考えてみると、多くの派遣労働者は3年で雇い止めになることも考えられます。
派遣会社側は3年で人を入れ替えれば済むことですが、職場がころころ変わっていては薬剤師のほうは職場になかなか馴染めません。
この3年で雇用できるということが吉と出るのか凶と出るのかはまだ分かっていませんが、絶対的に言えるのは慢性的な薬剤師不足がどこの薬局でも起こっているということでしょう。

 

以上は派遣で働いている場合のことですから、新卒でまだ未経験の薬剤師の場合は、アルバイト、パート、正社員、派遣と色々な働き方を踏まえておいたほうが良いでしょう。
気楽に働きたいなら、ママさん薬剤師ならパートやバイトが便利ですし、まだ自分のやりたい事をやりたいから、と派遣を選ぶのも良いでしょう。
ただ、どの薬剤師にも言えることは、調剤薬局で働く場合は、患者さんとのコミュニケーションが重要になりますから、未経験でも笑顔だけは忘れずにいることでしょう。
言葉遣いやコミュニケーションスキルが必要となります。
薬の知識だけあっても、患者さんに無愛想な態度をとっているとあまりよい印象をもたれない薬局になってしまいますから、普段から温和な雰囲気を出しておくと良いですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ