薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

薬剤師さんの主な年収はどのくらい?一般的に高額な職場は?

薬剤師さんの主な年収はどのくらい?一般的に高額な職場は?

薬剤師と言えば、高給取りのイメージがありますね。
それだけ難しい勉強をして国家試験を潜り抜け、薬剤師免許を取ったからとも言えるでしょう。
薬剤師は専門職なので、簡単に誰でもなれるものではありません。
ですから収入が高額なのは理解できますが、年収は一体どれくらいあるのでしょうか。
また一般的に高額と言われる職場とは?

 

地方の薬局が高額
人口が少なく、周りに何もなく、進んでその薬局に勤めたがらないところは、高額な給料を提示してまで薬剤師募集をしています。
だいたい600万円から750万円を提示している薬局が多いです。
それだけ僻地ということになります。
しかし薬剤師は専門職ですから、都会にいても年収は高い傾向にあり、500万円から600万円などが平均的であると言われています。
病院につとめる薬剤師でも平均して500万円から600万円となっています。

 

 

年収1000万円にもなる職場がある?
薬剤師の資格を持っていると、年収1,000万年を超える職場があると言われています。
年収1,000万円と言えば物凄く高額ですよね。
一体それはどこなのでしょうか。
あるアンケートによると平成24年の薬剤師の平均年収は529万円となっています。
しかしこれでは年収1,000万円にはほど遠いですね。
これを考えていくと、薬剤師の働く一般的な職場ではキャリア、実績、勤続年数を重ねても1,000万円にはたどり着くことはないでしょう。
ではどの職場が1,000万円になるのか?といえば、製薬会社が有力でしょう。
製薬会社の場合、求人先として製薬研究、臨床開発モニター、MRなどがあります。
これらどれもが年収1,000万年を超えます。
特にMRにいたっては本人のやる気次第では1,000万円以上もの高所得になることができます。
MRや研究者の場合、実力主義であることが多いので、勤務年数に関わらず、その個人が残した結果や物によって年収はアップするのです。
薬剤師の資格を活かしつつ年収1,000万円を目指したいという人は、薬剤メーカーの研究員やMRを志望すると良いでしょう。
しかし、前述しましたが、実力主義の世界ですから、勝った者勝ちです。
成果が出ない人には報酬も少なくなりますから、意欲のある人、我慢強い人などに向いていると言えるでしょう。
途中で諦めてしまうような人であれば、最初からMRなどハードルの高いものはやめておいて、病院薬剤師として年数を重ね、コツコツ年収800万円程度を目指しましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ