薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

パートやバイトで働きたいママさん薬剤師さんの主な働き口は?

パートやバイトで働きたいママさん薬剤師さんの主な働き口は?

一時期出産で引退していたけれど、子供も落ち着いて、そろそろパートかバイトで職復帰したいな・・・と考えているママ薬剤師も多いことでしょう。
そんなママ薬剤師にはどんな働き口があるのでしょうか。
主な働き先をご紹介しましょう。

 

全国展開のドラッグストア
全国展開しているドラッグストアでもママ薬剤師は働くことができます。
業界トップクラスのドラッグストアでもパート薬剤師は働いていますから、安心して就職活動ができますね。
大手ドラッグストアでは基本的に正社員扱いの薬剤師ですが、パートやバイトで雇っているケースもあります。
業務内容は正社員の薬剤師とほぼ変わりありません。
パートといっても1日8時間を週に5日などというフルパートではなく、週2日、3時間程度などという働き方が殆どのようです。
パートと聞くと正社員とほぼ変わらないように聞こえますから、勤務時間などを気にする人も多いようです。
しかし子育て中のパートやバイトの間は時短勤務が認められていることもあり、安心して働くことが可能となっています。
給料としては時給で1200円からが一般的であると言われています。

 

 

短時間で一定額を稼ぐ
日中時間が取れないから、短時間で一定額を稼ぎたい、というママさん薬剤師には夜勤専門で働くという方法もあります。
パートやバイトでも時給2,000円にもなると言われている薬剤師ですが、夜勤になるとさらに時給がアップして3,000円程度にはなると言われています。
夜間は昼間と比べると業務量は一気に減ります。
殆どやることがないという状況も考えられますし、仮眠もとれますから体力的に問題があるかといえば、そうでもないようです。
ただ、まれに忙しくなるケースもありますから、業務量がどれくらいなのかをまずチェックしておく必要があります。
また夜勤アルバイトで薬剤師を行う場合、一人で働く可能性が高いです。
その場合、調剤以外の業務もこなすことが必要なため、レセプトやレジ打ちなどがあります。
業務量はしれていますから、ある意味色々なものを学べるチャンスでもあります。
しかし薬剤師は自分だけ、全責任は自分にかかってきますから、スキルや経験などが豊富でなければ夜間の薬剤師のパートはできないかもしれませんね。
ただ、夜に働く場合、夕方から翌朝までというものもあれば、1日数時間というものもあります。
1日数時間程度でしたら心身の負担も少なく、スキルもそれほど高いものを求められないでしょうから、すぐにでも働けるかもしれませんね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ