薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

大手ドラックストアで働く薬剤師さんの必要なスキルは?

大手ドラックストアで働く薬剤師さんの必要なスキルは?

薬剤師の転職先として多くあげられるのが大手ドラッグストア。
高い給与により多くの患者さんと接することができますから、進んでドラッグストアに入社する薬剤師も多いと言います。
ただ、ドラッグストアという場所であるだけに、薬剤師だけのスキルでは補いきれないところもあるんですよ。

 

ドラッグストアの薬剤師は専門職の薬剤師から少し外れる
薬剤師として働くことに代わりはありませんが、それでスキルアップするというより、地域の健康相談の窓口のようになることが問われます。
店舗の売り上げを上げるためのマーケターというキャリアや店舗管理のマネージャーなどが大手ドラッグストアでは求められるスキルです。
調剤薬局や病院薬剤師と比較すると広い範囲でのスキルが必要となりますが、年収は高く、それ相応の待遇に恵まれています。
ドラッグストアの薬剤師の年収をチェックしてみると、年収は500万円と薬剤師の平均年収450万円より高いことが分かります。
これは役職や地位などによって年収が上がっていくからだと言われています。
店長などになると700万円から1000万円クラスの年収になると言われています。
しかしドラッグストアですから、もちろん薬剤師の仕事もありますし、それ以外の仕事もこなさねばなりません。

 

 

デメリットはないの?
最近ではドラッグストアの仕事内容は薬剤師の間でも広まっており、雑用を覚悟の上で転職や就職をする薬剤師が増えてきています。
それでもジレンマを感じている薬剤師は、ドラッグストア特有の利益主義というところだと言われています。
薬剤師が顧客の立場であれば、顧客の症状に合った医薬品だけを提案すればよいのですが、商品によっては利益率が全く違うものがあります。
店としては利益を伸ばしたいので薬剤師にも利益の高いものを勧め、販売するよう言われるのです。
このような方針はドラッグストアによって異なります。
一概に利益主義ばかりのドラッグストアで高い薬品を売りつけられるということはないかもしれません。
しかし薬剤師の中では、この人ならこれくらいの医薬品で充分なのになぁ・・・と思ってしまう人もいるのです。
また薬剤師としてのスキルを磨けないこともデメリットの1つです。
調剤、処方箋の読み込みや服薬指導など、薬剤師としてのスキルというものが後回しになりますから、もちろんそれを理解した上でドラッグストアの薬剤師として就職したのですが、やはりもう少し専門的なスキルをつみたいと思う若い新卒の薬剤師も多いようです。
その場合はスキルを磨ける大学病院、私立病院などに転職するほうが早いでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ