薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

新卒の薬剤師さんはどこで働くとスキルが身につくの?

新卒の薬剤師さんはどこで働くとスキルが身につくの?

新卒で薬剤師として働く場合、どこで働くとスキルアップに繋がっていくのでしょうか?新卒で薬剤師、と言えばどこに所属してもスキルアップが図れると思いますが、より一層スキルアップを目指しつつ薬剤師として働くにはどうしたら良いのでしょうか?

 

病院薬剤師として働く
レジデント制度というものを儲けた病院では、3年で病院薬剤師として一人立ちできるようにスキルアップを図っています。
1年目は病院薬剤師に求められる知識や技術、臨床薬剤業務に求められる知識と技術の習得が目的となっています。
その後、調剤や注射混合などの部署を周り、処方箋に沿うだけではなく検査データをもとに医師の治療方針を理解した上で薬物治療の妥当性を見出し、総合して納得した上で薬物調合し、薬剤師として患者さん1人1人に処方薬を渡す、処方していくということになります。
学会の発表もありますし、薬物療法専門薬剤師研修施設として認定制度に必要な受験資格を得ることも可能となっています。
病棟を回る頃には一人前の薬剤師となっていることが目標となっているケースが多いです。
このような病院薬剤師となると、病院が一手に引き受けて新卒薬剤師を一人前に育ててくれるので、手軽と言えば手軽ですし、勉強付けと言えば勉強付けになること確実です。
しかし確実にスキルアップしたいのであれば、バックアップ体制が万全の病院薬剤師を選択したほうが良いでしょう。
また病院によっては精神科を学ぶこともできますから、抗うつ薬の扱い方、抗精神病薬とはどのようなケースに適しているのかなど、具体的に詳しく、専門的な知識を手に入れることができます。

 

 

薬局を選んだ場合のスキルアップは?
新卒で調剤薬局を職場に選ぶとスキルアップは図れるのでしょうか?まず、調剤薬局では患者さん1人1人の顔を見て薬を渡すことができます。
転勤が少なくて済みますし、何よりこの患者さんがこの薬を飲んでいる、ということが分かるので明確です。
じっくり患者さんと世間話ができる仲にもなりますし、薬局では人手が足りない状態になっていますから、多忙を極めると思われます。
しかしそれだけ1人1人の調剤に慎重になり、自分1人の責任として職務を全うすることが可能となります。
ですから、良い意味でのプレッシャーを感じつつ、自由にスキルを伸ばしていけると言えば、調剤薬局であろうと思われます。
ただ、プレッシャーに弱い人は、1人で責任をおうことがストレスになってしまうことがあるので、OJTがしっかりした病院薬剤師を選択するとのびのびとスキルを磨くことができるでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ