薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

緩和ケアで働く薬剤師さんの働く意欲とストレスについて

緩和ケアで働く薬剤師さんの働く意欲とストレスについて

緩和ケアと聞いて何をイメージしますか?そう、病院のホスピスですね。
がん末期患者さんなどの痛みを和らげるサポートをする部署であり、病室となります。
緩和ケアは痛みに苦しむ患者さんの痛みをいかに取ってあげるか、緩和できるかを中心に治療を行っていきます。
そんな中で薬剤師はどのような立場で仕事をしていけばよいのでしょうか。

 

薬剤師の役割がまだ定着していない
緩和ケアとして治療を行うにはチームを組んで緩和ケアを行います。
しかし薬剤師はその中に入って、どのような役割をすれば良いのか、まだ定着していないというのが殆どの病院です。
緩和ケアは死の危険性に直面している状態であり、希望をなくしている患者さんを支えるのが緩和チームのやるべきことです。
薬剤師に求められているものは、もっと基本的な薬剤師としての専門分野の領域であると言われています。
鎮痛剤やオピオイドはもちろんのこと、抗うつ薬や抗精神病薬などを用いて、患者さんの心のサポートをしていくということが重要な任務となってきます。
また家族にも飲みやすく副作用の少ない薬の説明を行ったり、情緒的アドバイスをしたりするのが目的となっています。

 

 

緩和ケアでその人らしい過ごし方を
緩和ケアのチームに入った薬剤師は、患者さん1人1人がその人らしく過ごすことができる環境を用意するために薬の投与を行います。
副作用が少なく、かつ痛みを取れる薬を処方することが目的です。
薬の効果を最大限に引き出すための工夫もこらします。
重要な痛み止めである麻薬は一度使えばやめられないこともありませんし、それは間違った情報であるという、患者さんに正しい薬の知識を与えるのも重要な仕事となっています。
不安を持っている患者さんに対し、この薬はどのようなものかということを上手に説明することも必要です。
薬は人によって合う合わないというものがありますから、副作用も大きく違ってきます。
効果が出る出ないも人それぞれですから、最もその人に効果のある、副作用の少ない薬を見つけることが薬剤師の緩和ケアでの役割と言えるでしょう。
緩和ケアには薬物療法だけではなく、がん治療全般の知識も必要となってきます。
ですからがんの症例を提示するという勉強会に出席することも必要となってきます。
緩和ケアのチームに入るには、それ相応の勉強会に出席し、合格した薬剤師のみが緩和ケアに入ることができるのです。
ただ、緩和ケアに入ったからといって、やりがいがありバリバリ働くことができても、せっかく調子が良くなってきた患者さんが突然亡くなったりすることにより、ストレスが溜まる薬剤師も大勢います。
もちろん看護師も同等に悲しみを抱えていますが、薬剤師のほうが症例を見慣れていない分、ストレスが溜まるようです。
そのストレスに耐え切れず、チームを離れてしまう薬剤も多いと言います。
少しでも患者さんに元気でいて欲しいという意欲があるが上に、そのストレスも相当なものなのでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ