薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

薬剤師さんが思わず転職を考える主な原因べスト3

薬剤師さんが思わず転職を考える主な原因べスト3

薬剤師と言えば国家資格を持った大変重要な職務を任される職務となります。
それゆえやりがいもあり、年収も多い方です。
しかし薬剤師でも転職を考えることがあります。
実際薬剤師転職サイトがあるくらいですから、転職したい薬剤師も大勢いるのです。
ではそのような薬剤師は何故転職したいのか考えてみましょう。

 

結婚や出産などのライフスタイルの変化

まず、結婚や出産でライフスタイルが変わったことによる転職というものがあげられます。
薬剤師の男女比はおよそ6割が女性だと言われています。
ですから必然的に結婚や出産がついて回りますよね。
仕事とプライベートを両立させる薬剤師も多いですが、家庭の問題によって急に休んだりと、トラブルのもとになりかねません。
そのため無理して働くより、転職してパートやアルバイト、派遣などの仕事を探そうという人が多いのです。
実際アルバイトやパートで薬剤師として働くにしても高時給ですし、割り合うと思われます。
またそれでいて気楽ですから、正社員にこだわる人も少なくなっているようです。

 

 

人間関係、労働条件が悪い

薬局は正直従業員が少ないため人間関係については複雑です。
従業員が多い薬局でも10人もいないかもしれませんね。
そんな中で人間関係を円滑にしつつ薬剤師を勤めていくのは大変だという意見もあります。
女性同士が多いですし、薬局には医療事務を行う事務も存在します。
医療事務のスタッフと不仲になってしまい、黙々と一人で仕事しているのが辛いという意見もあります。
また薬剤師が医療事務を下に見ている、と感じる事務もいるようです。
孤立感を持ちつつ働ける場所ではありませんから、転職を考える大きな理由の1つとなっています。

 

また労働条件が悪いというのもあげられます。
業務内容が実際働いてみたら違っていた、慢性的なスタッフ不足によって休みが全く取れないなど、こちらもかなり労働条件で揉めているようです。
希望年収とは程遠かったり、それでいて残業が多かったりなど不満が多いようです。
どこの薬局でも薬剤師が不足していますから、残業が多く休みが取れないのは仕方がないのかもしれませんが、休日出勤が当たり前、管理薬剤師なのに他薬局のサポートをさせられたりとブラック的な薬局も多いようです。
そんな場合は思い切って転職すると良いでしょう。
ブラック薬局にいつまでもいても、サービス残業に休日出勤、は止まらないからです。
転職する理由としては充分ありえる話ですね。
ただ、面接する際に、残業があるからとは言わないでおきましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ