薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

これって本当?薬剤師さんはお薬を自由に扱えるの?

これって本当?薬剤師さんはお薬を自由に扱えるの?

薬剤師さんと言えば、薬を扱うスペシャリストです。
その薬剤師さんは自由に薬を扱えるものなのでしょうか?それとも何らかの規制がかかっているのでしょうか。
実際の場面では医療分業と呼び、医師の診断を受けた後に病院で薬を渡す代わりの処方箋がもらえます。
その処方箋に基づいて薬剤師は薬を調合するのです。

 

処方箋に沿って自由に薬を扱える

薬剤師は処方箋に沿って薬の調合を行います。
ですから、個人でその人の体調に合わせて薬を調合することはできません。
あくまで処方箋の内容に沿ってということになります。
通常保険薬局での調剤も保険対象となりますが、保険適応している薬局を選ぶことが必要です。
薬局には薬剤師が常駐しており、薬を調合します。
調剤方法などに希望があれば、申し出るとその通りにしてくれます。
例えば分包化や一包化などがあります。
朝にまとめて飲む薬を朝の薬としてまとめたり、夕方飲む薬を夕方としてまとめることができます。
1つ1つに朝、夕と記載されますから、間違えることなく飲むことができます。
薬が多い人などは、一包化してもらったほうが手軽で便利だという声もあります。

 

 

薬剤師は医師の指示でしか動けない

日本の薬剤師は医師の処方箋のもとでしか動くことができません。
医師の指示なしに薬剤師が薬を扱うと、それは違法になってしまうのです。
ですから自由にお薬を扱えるかというとそうでもないのです。
また処方権を薬剤師が持っても良いということになれば、違法ということもなくなります。
しかし医師が薬を処方するまでに何かの間違いがあるかどうかの最終確認をするだけになっている今の薬剤師の置かれている現状において、不満を漏らす声もあがっています。
アメリカなどでは薬剤師が処方権を持っており、予防接種を行ったり調合を自由にしたりすることができるようです。
体調管理も行うため、身体測定なども薬剤師の仕事となっています。
そうなると、日本の薬剤師は医師の処方箋どおりにしか動けないことに不満を持つ人も大勢いるとは思いますが、実際自由に薬を動かすことができるのは医師であり、調合するのが薬剤師、という分類になっています。
また処方箋を持っていくのはかかりつけ薬局にしておいたほうが良いですね。
普段からいきつけの薬局を決めておくと良いでしょう。
そこではお薬手帳というものとともに個人のデータが残っていますから既往歴や薬歴があり、アレルギー体質で注意が必要であるか、ないかなどが分かるようになっています。
かかりつけ薬局を作ることによって安心安全の薬の処方ができますから、近くに作っておくと良いでしょう。
そこでも薬剤師が常駐しており、裏であなたの薬を調合しています。
薬剤師も医師と同様に守秘義務を持っていますから、どのような薬を調合されても他人に知られることはありません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ