薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

薬剤師で公務員になれる職種はあるの?安定した公務員になれる薬剤師

薬剤師で公務員になれる職種はあるの?安定した公務員になれる薬剤師

薬剤師でも公務員になることができるのでしょうか?公務員と言えば国の認定した職業のことですが、薬剤師は国家試験を受けて取得する免許を持った薬剤師のことですよね。
公務員の薬剤師は一体民間の薬剤師とどう違うのでしょうか?公務員薬剤師になるには、地方公務員の上級試験の中から薬学科を受験する必要があるのです。公務員、民間、どちらの薬剤師が有利なのでしょうか。

 

公務員薬剤師はメリットがたくさん?

公務員薬剤師は国立病院はもちろん、麻薬取締りの自衛隊の薬剤官など職種が様々です。
行政に関わる立場でその知識を活かすことができるのです。
民間の薬剤師は医療に関しての現場で職務につき、患者さんの命を助けることができますが、公務員の薬剤師は民間の企業、病院を監督する立場であるとも言えますね。
直接薬を調合したり、販売することはしません。
さらに公務員として薬剤師の仕事をするので、一般行政よりも官僚を目指したほうが年収がアップすると言われています。
しかしそれでは薬剤師という仕事が名前だけになってしまう可能性があります。
薬剤師として薬を扱いたいと思ってなった職業であるなら、薬剤師として生計を立てたいですね。

 

 

具体的なお給料などの差はいくら?

公務員の薬剤師がお得である・・・という言い方だと色々なイメージがわきますが、個人の価値観にもよります。
民間の病院で、患者さん一人一人を助けていくという意味で薬を調合することに意欲を燃やすなら民間の薬剤師でも充分でしょう。
しかし現在の6年生卒の薬剤師が国家公務員になった場合、棒給は200,800円、地域手当として17,820円、合計すると218,620円となります。
地方の調剤薬局や民間営業職となれば初任給から30万円を超えることもあるようですね。
逆に民間病院だと初任給が20万円も届かないところがあります。
しかし公務員ということで一生食べるのに困りはしないでしょうし、福利厚生も安定していますから目指すべき価値はあります。
ただ、先ほども述べたように一般の病院で患者一人に対しての薬の調合によってその患者が助かるのだと思いながら調合をすることにやりがいを感じているのだとしたら、特別公務員にならずとも済みます。
お給料の面で公務員になりたいと思っているのなら、試験を受けて、資格取得しましょう。
しかし国家試験でかなりの難問が出るようですから、日頃から勉強しておく必要があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ