薬剤師求人・薬剤師転職・薬剤師募集

調剤薬局など実際には数人の職場がほとんど?よくある人間関係

調剤薬局など実際には数人の職場がほとんど?よくある人間関係

調剤薬局などで働く薬剤師にある人間関係といえば、数人であることが多いです。
大病院に勤めていない限り、少ない人間関係の中で仕事を行うこととなります。
調剤薬局の薬剤師について調べてみましょう。

 

仕事内容とキャリアアップ

調剤薬局で働く薬剤師は処方箋に従って調剤し、患者への服薬指導などが行われます。
もし処方箋に適合していない薬があるのであれば、医師に連絡を取り、確認した上でチェックを入れます。
キャリアアップとしては医薬品の在庫管理やレセプト管理が任せられるようになります。
では調剤薬局で働くメリットとはどこにあるのでしょうか?薬局が変わっても業務内容は基本的に同じなので、転職しやすいと言えますね。
また女性の場合、出産後もパートとして働くことが可能となっています。
さらに転勤がないのも魅力です。
ただ、デメリットとして少ない人間関係というものがあります。
調剤薬局は数人で回していることが多く、1人で険悪な仲になってしまえば、周囲はハラハラせざるを得ません。
そのため、調剤薬局に向いている人は社交的、かつ親和的な性格を持った人が良いと言われています。
また女性が多い職場なので、男性薬剤師の立場が若干馴染めないとも言われています。
高収入を望むのであれば、調剤薬局では給与はほぼ上がらないと思ってよいでしょう。
大手の医療機関などの薬剤室で働くことになれば、ボーナスもあり、給与アップも望めますから、金額面で転職を考えるなら大病院が良いかもしれません。

 

 

人間関係についてもっと詳しく!

薬剤師同士が仲良しなのはもちろん、事務と仲が良いのもとても大切なことです。
個性的な人も多いので、そのような人に気を使いながら仕事をしていくので気疲れする傾向もあります。
管理薬剤師に特に多いのが、事務所にこもって調剤、投薬を全くしないという人です。
受ける処方箋の枚数で薬局に配置する薬剤師の数が決められており、殆どの場合、ぎりぎりの人数が配置されています。
ぎりぎりの人間で回しているのに調剤ばかりをしている薬剤師は迷惑かつ、お給料もたくさんもらっているので腹が立つこともあるそうです。
薬剤師と事務の間にはどうしても壁ができてしまいますが、それを崩すようにお互いがお互いを認め合うことが大切であると言えるでしょう。
決して薬剤師が事務を馬鹿にしたような発言をすると、一気に職場は冷ややかになってしまいます。
女性が多い職場なので、そのようなことにならないよう慎重になる必要もあるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ